英語の5文型が分かる!第3・4文型を徹底解説(give型・buy型の見分け方まで)

チャイ
今日は5文型の中でも、第3文型・第4文型を教えてくれるみたいだね。この2つには何か共通点があるのかな?
かざん君

うん、いい質問だね!

前回の第1文型・第2文型のところで少し解説したんだけど、動詞には自動詞と他動詞があるのは覚えているかな?

チャイ

「自動詞は目的語を必要としない、他動詞は目的語を必要とする。」

が大事だって覚えたよ。

かざん君

しっかり覚えているね!

ちなみに、第3文型・第4文型では、常に他動詞が用いられるよ。

それでは、第3文型・第4文型について詳しく学んでみよう!


S
(主語)
V
(動詞)
O 1
(目的語)

「~に」
O2
(目的語)

「~を」
C(補語)
第1文型My dogspeaks.
第2文型His nameisChai
第3文型HelikesNatto.
第4文型Igave himNatto.
第5文型Hemakesmehappy. 

 

第3文型 SVO. 「Sは[が]~する。」

 

Point

 

第3文型は S(主語)V(動詞)O(目的語)が構成要素です。

 

V(動詞)の部分には他動詞が置かれます。

 

O(目的語)の部分には名詞が置かれます。

 

 

He likes Natto.

彼は納豆が好きです。」

 

He の部分がSで、likes の部分がVで、Natto の部分がOですね。

 

like は他動詞なので、後ろに必ず目的語をとります。

 

I like. とだけ書かれても、「えっ?何を?」、「えっ?誰を?」ということが気になってしまいますよね。

 

そういった動詞は他動詞です。

 

「何を」、「誰を」のような部分の情報を答えるのが、目的語の役割です。

 

Tips 

他動詞を覚える際には、

 

・enjoy 「~を楽しむ」・buy 「~を買う」・hear 「~が聞こえる」

 

のように、「~を/~が」の部分も一緒に覚えるようにすると、自動詞と区別が付きやすくなります。

 

自動詞は・listen 「聞く」・rise「上がる」のように、「~を/~が」の部分を入れずに覚えましょう。

 

第4文型 SVO(人)O(物). 「SはO(人)にO(物)を~する。」

 

Point

 

第4文型は S (主語)V (動詞)O (人)O (物)が構成要素です。

 

V (動詞) の部分には他動詞が置かれます。

 

O (人) の部分には名詞の「人」等が置かれ、O (物) の部分には名詞の「物・事」等が置かれます。

 

O (人)O (物) の間には、O (人) have O (物) の関係が成り立っています。

I gave him Natto.

僕は彼に納豆をあげた。」

 

I の部分がSで、gaveの部分がVで、him の部分がO(人)で、Natto の部分がO(物)ですね。

 

gave は他動詞なので、後ろに目的語をとりますよ。

 

ただし、第4文型においては、目的語が2つ置かれます。

 

他動詞 give の目的語として himNatto が置かれていますが、

 

He has Natto.  ⇔  O(人) have O(物)
の関係が成り立っているのがポイントですよ。

第4文型 SVOO の 第3文型 SVO への書き換え

 

Point

 

第4文型 SVO(人)O(物)は第3文型SVO(物) to / for (人) に書き換えることが出来ます。

 

第4文型 I gave him Natto.

第3文型 I gave Natto to him.

「僕は彼に納豆をあげた。」

 

第4文型では、him [O(人)] が先で、Natto [O(物)] が後に来ています。
それに対して、第3文型では、Natto [O(物)]が先に来ていて、to の後に him [O(人)]が来ています。
このように、第4文型と第3文型の間では、
SVO(人)O(物). ⇄ SVO(物) to / for O(人).

のような書き換えができます。

 

give 型 と buy 型 の違い

 

Point

 

第4文型から第3文型に書き換える際には、give 型の動詞には to を補い、buy 型 の動詞には for を補います。

 

give 型

第4文型 I gave him Natto.

第3文型 I gave Natto to him.

「僕は彼納豆をあげた。」

give 型 の動詞は第4文型から第3文型に書き換えると、O(人)の前に to を補う必要があります。
give 型の動詞のキーワードは、「相手が必要」です。
「〜を与える/〜をあげる」という行為は、与える相手なくしては成り立ちませんよね。
同じように、相手がいないと成り立たない動詞は give 型の動詞です。

write「〜を書く」, send「〜を送る」, tell「〜を伝える」, teach「〜を教える」, lend「〜を貸す」, show「〜を見せる」, 等が give 型にあたります。

 

buy 型

 

第4文型 I bought him Natto.

第3文型 I bought Natto for him.

「僕は彼納豆を買い与えた。」

 

buy 型 の動詞は第4文型から第3文型に書き換えると、O(人)の前に for を補う必要があります。

 

buy 型の動詞のキーワードは、「相手は不要」です。

 

「〜を買う」という行為は、買い与える相手がいなくても成り立ちますよね。

 

同じように、相手がいなくても成り立つ動詞は buy 型の動詞です。

 

cook「〜を料理する」, make「〜を作る」, find「〜を見つける」, choose「〜を選ぶ」, sing「〜を歌う」,等が buy 型にあたります。

 

give 型 は「相手が必要」で to を補う ⇄ buy 型 は「相手が不要」で for を補う
のように覚えておくと良いでしょう。

まとめ

  • 第3文型・第4文型は他動詞を用いる!

 

  • 第3文型は目的語を1つ取り、第4文型は目的語を2つ取る!

 

  • 第4文型は O(人) have O(物) の関係が成り立つ!

 

  • 第4文型から第3文型への書き換えは、give 型 (相手が必要)tobuy 型 (相手が不要)は for を補う!
最新情報をチェックしよう!