前置詞の使い分け!イメージが分かる例文で解説!

前置詞とは

前置詞は、名詞の前に置かれる語です。

英語では preposition と表記されます。

e.g. I saw my teacher in the supermarket.

「私は先生をスーパーで見かけた。」

この文では in の部分が前置詞ですね。
前置詞は基本的に、方向・場所・時間等の関係性を表すのに使われます。

まえがき

チャイ

前置詞が何かは分かるんだけど、at とか in とか何が違うのか、いまいちわからないんだよね。

かざん君
そうだね。どちらも「~で」と訳せるから、日本語で区別するのは難しいよね。
チャイ

そっか、だから難しいのか。でもどうしたら区別できるのかな?

かざん君
良い質問だね。実は前置詞を理解するには、視覚的なイメージが大切なんだよ。(微笑)

今回は、前置詞のイメージを図と例文で学んでみようか!

チャイ
うん、やるやる!
かざん君
今回は、
at on in,
to for,
beween among,
by until,
in into,
on off,
across along,
over under,
above below,
up down
を対比しながら扱うよ。

at, on, in の使い分けについて

at, on, in はどちらも「~で」等と訳す事ができますが、それぞれ持っているイメージが異なっています。

at, on, in 空間編

at は点のイメージ

e.g. at your fingertip

「指先で」

on は平面のイメージ
e.g. on the blackboard

「黒板で」

in は立体のイメージ
e.g. in the classroom

「教室で」

+α
下記の(  )には at, in のどちらを入れたら良いでしょうか?

1. I ate dinner (     ) a restaurant.

「僕はレストランで夕食を食べました。」

2. I met my friend (     ) a restaurant.

「僕はレストランで友達に会いました。」

レストランは立体的な空間なので、in を両方に入れたくなりますね。
しかし、レストランは食事を提供する場所としての機能を持っていますね?
本来の機能をその場所が果たしている場合は at が使われますよ。
ということは、1. at 2. in が答えです。
at, on, in 時間編
at, on, in が時間を表す言葉と共に用いられる場合は、単位が小さいものには at、中くらいのものには on、大きいものには inを使いましょう。
e.g. at 9 p.m.

「午前9時に」

e.g. on Sunday

「日曜日に」

e.g. in January

「一月に」

to, for の使い分けについて

to, for はどちらも「~に」等と訳す事ができますが、それぞれ持っているイメージが異なります。
to は到着のイメージ
e.g. I went to school on last Sunday.

「僕はこの前の日曜日に学校に行った。」

for は方向のイメージ
e.g. The plane left for Okinawa, but it returned to the airport for technical reasons.

「その飛行機は沖縄に出発したが、技術的な理由で空港へ戻りました。」

※ to は到着のイメージなので、実際に目的地に着いていますね。
for は方向のイメージなので、目的地に向けて出発はしていますが、必ずしも着いていることを意味しません。

between, among の使い分けについて

between, among はどちらも「~の間」と訳す事ができますが、何の間にあるかで使い分けます。
between は2者の間
e.g. between you and me

「君と僕の間」

among は3者以上の間
e.g. among young people

「若者の間で」

by, until の使い分けについて

by, until はどちらも「~まで」と訳せますが、期限を表すか、期間を表すかの違いがあります。

by は「~までに」という期限を表す

e.g. I’m supposed to hand in my homework by Monday.

「僕は月曜日までに宿題を提出することになっています。」

until は「~までずっと」という期間を表す

e.g. I’ll be away until Monday.

「僕は月曜日までずっと不在です。」

in, into の使い分けについて

in, into はどちらも「~に」等と訳せますが、それぞれ持っているイメージが異なります。
in は立体のイメージ
e.g. He’s in the car.

「彼は車の中にいます。」

into は立体の中に入っていくイメージ
e.g. He jumped into the pool.

「彼はプールに飛び込んだ。」

on と off の使い分けについて

on は接触のイメージ

e.g. Your glasses are on the table.

「あなたの眼鏡は机の上にあります。」

off は分離のイメージ

e.g. I got off a train.

「僕は電車から降りた。」

※ off は古英語の時代(400年ー1100年)には of の強調された形として使われていました。
of の元々の意味は “away, away from,” という(分離)のイメージなのです。
そこから of は中英語の時代(1100年ー1500)に、現在の「~の」と訳される属格の意味で用いられるように変化していきました。
e.g. The king of animals「百獣の王」
(Online Etymology Dictionary を参考にしました。)

across と along の使い分けについて

across は横切るイメージ

e.g. He swam across the river.

「彼はその川を泳いで渡った。」

along は沿うイメージ

e.g. He walked along the street.

「彼はその通りを歩いた。」

※ across も along も共通の接頭辞 a- を持っていますね。古英語の時代(400年ー1100年)には、ant- という「前に」を示す接頭辞だったようです。
「前に」クロスすると、「横切る」というイメージが生まれ、「前に」長いと、「沿う」というイメージが生まれるのです。
(Online Etymology Dictionary を参考にしました。)

over と under の使い分けについて

over は上向きの弧のイメージ

e.g. a bridge over a river

「川に架かった橋」

under は下向きの弧のイメージ

e.g. a cat under the table

「テーブルの下の猫」

above と below の使い分けについて

※ standard 「基準」という意味です。

above は基準より上のイメージ

e.g. above sea level

「海抜」

below は基準より下のイメージ

e.g. below the average

「平均未満の」

up と down の使い分けについて

up は上方への動きのイメージ

e.g. A cat jumped up on the table.

「猫はテーブルの上にジャンプした。」

down は下方への動きのイメージ

e.g. A cat jumped down on the table.

「猫はテーブルの上にジャンプした。」

※ 上記の例文での up, down 共に前置詞としてではなく、副詞として用いられています。

おわりに

前置詞のイメージについて理解が深まったでしょうか?

他にも前置詞はたくさんありますが、覚える際には日本語の意味だけではなくて、視覚的なイメージについて意識する事が正確な英文の理解や、円滑なコミュニケーションに繋がります。

 

最新情報をチェックしよう!